瞑想Hack

32歳で国家公務員をやめて自由になったパオが、”瞑想ライフハック”を実践するブログ

30代、40代からでも脱サラをおすすめする理由

【スポンサーリンク】

f:id:pao-elephant:20190131124602p:plain

私は「好きなことで生きていく」ため、32歳で国家公務員をやめました。そんな私は、30代、40代からでも、脱サラを強くオススメします。その理由はコレです!

 

 

 

 

「好きなことで生きていく」の意味

f:id:pao-elephant:20181218112912j:plain

 

「好きなことで生きていく」が流行っていますね。

 


ネット上では、一部のインフルエンサーが、

 

 

☑️サラリーマンはオワコン!
☑️これからは個人が自分の好きなことで稼いでいく時代!

 

 

という強烈なメッセージを発信しています。

 

 

彼らの主張が間違っているとは思いませんが、

 

 

急にサラリーマンというものが消滅するわけではないですし、

 


個人が好きなことを発信したからといって、稼げるようになるのは簡単ではありません。

 

 

当たり前ですよね。

 

 

 


 

昨日のエントリでは、私にとっての「好きなことで生きていく」ことの意味を説明しました。

 

 

結論を端的にいうと、

 

 

「好きなことで生きていく」とは、「好きなこととともに死ねる」

 

 

ということです。

 

 

「好きなことで生きていった」結果、成功しなくてもお金が稼げるようにならなくても死ぬ前に「あのとき挑戦してよかった」と思えるということです。

 

 

脱サラに向かない人

f:id:pao-elephant:20181218112630j:plain

 

脱サラに、憧れる人は多いです。

 

 

誰だって、会社や組織にとらわれず自由に働きたいと、一度は考えるものです。

 

 

しかし、一点だけ注意が必要です。

 

 

脱サラに向いていない人も、一定数います。

 

 


脱サラの最大の理由が、「好きなことで、生きていく」ではなく、「今の仕事がキツイからやめたい」とか「もっと稼ぎたい」など別の理由になっている人。

 


そういう人は、脱サラが正解ではない可能性があります。

 

 

 

今の仕事がキツイ

例えば、「今の仕事がキツイ」。

 

 

私も激務の経験があるので気持ちはよくわかりますが、「今の仕事がキツイ」からといって、脱サラしてフリーランスになるのが正解とは限りませんよね。

 

 

メンタルがやられている場合は、まず休むのが先です。

 

 

また、勤務環境を改善するため、部署異動転職を試みた方がいいかもしれません。

 

 

脱サラは、あくまで選択肢のうちのひとつですよね。

 

 

 

もっと稼ぎたい

他にも、会社の将来が不安だったり、自分の給料がなかなか上がらないことで、「もっと稼ぎたい」と思い、脱サラを考えることもありますね。

 

 

この場合も、脱サラが必ずしも正解というわけではなく、転職もアリだと思います。

 

 

また、今の会社に勤めながら、副業で稼ぎを増やす方法もありますよね。

 

 

フリーランスで稼いでいくのは、転職や副業よりもハードルが高いので、慎重になるべきです。

 

 

何歳からでも挑戦できる

f:id:pao-elephant:20181213191947j:plain

 

 

逆に、「好きなことで生きていく」ために、脱サラしたい人。

 

 

挑戦した結果、成功しなくても、後悔がない人。

 

 

好きなこととともに死ねる人。

 

 

こういう人は、脱サラするのが正解です。

 

 

ここまで気持ちが固まっているなら、自分の年齢なんて、どうでもいいのです。

 

 

その時の自分の年齢が、30歳であろうが、40歳であろうが、50歳であろうが、関係ありません。

 

 

挑戦しよう!仕事をやめよう!

 

 

と思い立った今が、一番早いタイミングです。今、一歩を踏み出すのです。

 

 

今、好きなことを見つけ、挑戦している。

 

 

このプロセスにこそ意味を見出すべきです。

 

 

人間、いつ死ぬかもわかりません。

 

 

未来のことなんて、誰にもわかりません。

 

 

ですから、何歳になっても、挑戦するのに遅すぎるということはありません

 

 

パオ