瞑想Hack

32歳で国家公務員をやめて自由になったパオが、”瞑想ライフハック”を実践するブログ

会社の飲み会、行きますか?

【スポンサーリンク】

f:id:pao-elephant:20190102110029p:plain

年末年始、忘年会や新年会のシーズンですね。みなさんは、会社の飲み会、行きますか?

 

 

 

 

#飲み会いかない

f:id:pao-elephant:20190102111219j:plain

 

年末、忘年会のシーズン。

 

 

評論家の宇野常寛さんのツイートがバズっていました。

 

 

 

 

 

これをみて、みなさんはどう思いますか?

 

 

私は、飲み会にいく人を全否定しているわけではもちろんないです。

 

 

本心から行きたいとか、心から飲み会を楽しいと思えているなら、どんどんいった方がいいですよね。

 

 

その分、飲食業界もうるおいます。

 

 

でも、付き合いだからしょうがなく行く場合も、ありますよね。

 

 

特に忘年会、新年会など、大人数の部署のくくりでいく飲み会。

 

 

これ、みんな本当に楽しいと思っているのでしょうか?

 

 

少し、考え直した方がいいのではないかという気はします。

 

楽しんでいる人は一部

f:id:pao-elephant:20190102111732j:plain

 

私は、6年間の公務員時代、飲み会にはほとんど参加していませんでした。

 

 

ほぼ強制参加で行われる部署の飲み会に、年2回くらいだけ参加し、それ以外の飲み会には基本参加していません。

 

 

ただ、新人のときは、さすがにそういうわけにはいかず、いやいや参加したこともありました。

 

 

公務員というお堅い職場でしたから、飲み会の場でも、基本的にえらい人が、幅をきかせています

 

 

20人くらいの規模の飲み会だったとして、その場の空気を支配しているのは、2〜3人の管理職

 

 

管理職のおじさんは、基本よくしゃべります。

 

 

彼らも、その立場と責任感から、部署の飲み会をより良いものにしようと、気をきかせてがんばってくれているわけです。

 

 

管理職のおじさんに対し、周囲は、相づちを打ち、気をつかい、時にはツッコミを入れたりするのが、基本パターンです。

 


管理職に話をふったり、いい感じでツッコミを入れたりするような、コミュニケーションの得意な中堅や若手が何人かいます。

 

 

こんな感じで、楽しそうに会話しているのは、10人くらいですかね。

 

 

あとの10人は、適当に話を合わせたり、近くの人としゃべったり、もくもくと食べたりしている感じ。楽しそうに装っていても、心から楽しいわけではないという感じです。

 

どれだけの時間とお金を使っているか

f:id:pao-elephant:20181209073600j:plain

 

飲み会に参加するということは、貴重な時間とお金を投資することです。

 

 

週に1回ペースで飲み会に行く人の場合、
年間にすると50回くらいにはなります。

 

 

例えば、1回の飲み会で、

 

 

時間→ 3時間

お金→ 5,000円

 

 

とします。

 

 

年間だと、

 

 

時間→ 150時間

お金→  25万円

 

 

これだけの資源を使っていることになります。

 

 

ですから、その投資に見合ったリターンが得られない場合は、行かない方がいいです。

 


150時間×25万円あれば、いろいろな自己投資ができます。

 

 

大きな成果をじゅうぶんに見込める投資量です。

 

 

筋トレ・ダイエットをすれば、モテるようになり、人生変わります

 

 

ジョギングをするだけでも、健康になります。

 

 

ブログプログラミングを学べば、組織に頼らずに生きていく力が身につきます。

 

 

読書でもいいですし、外国語を新しく学ぶにも、じゅうぶんなリソースです。

 


私の場合は、飲み会に行かないで浮いた分は、ほとんどすべて妻との時間子育ての時間に充てていました。

 

 

これも、有意義な時間の使い方だと思います。

 

 

こんな飲み会なら行かない方がいい

f:id:pao-elephant:20181219163814j:plain

 

これだけの投資をしているということを自覚した方がいいと思います。

 

 

それでも行く価値のある飲み会とは、こんな場合でしょうか。

 

 

 →自分が心から行きたい心から楽しいと思える飲み会

 


 →自分がリスペクトするあの人の話が聞きたい、もっと話をしてみたい、あの人と仲良くなりたいという場合

 

 

 

一方で、こんな場合は行かない方がいいです。

 

 

 

偉い人に話を合わせているだけの飲み会

 


→本心ではあまり行きたくないが義理で参加している飲み会

 


→話題がないので、その場にいない人のうわさや悪口で盛り上がる飲み会

 

 

 

特に大人数の飲み会だと、メンバーが本心ではなく義理で参加している場合が多いように思います。

 

 

また、宇野さんが指摘するように、その場にいない誰かの欠席裁判で盛り上がるような飲み会もよくありますね。

 

 

そんなところにいても、結局何も生まれないし、何も得られないです。

 

 

その飲み会、参加する価値はあるのか?

 

 

一度考え直してみる価値はあるかもしれません。

 

 

PAO