瞑想Hack

32歳で国家公務員をやめて自由になったパオが、”瞑想ライフハック”を実践するブログ

中学生でも悟りは開ける!?

【スポンサーリンク】

f:id:pao-elephant:20181211084055p:plain

「感じて、ゆるす仏教」(藤田一照、魚川祐司著)に面白い話があったので、一部紹介します。

 

 

 

 

はじめに

f:id:pao-elephant:20181212075947j:plain

「感じて、ゆるす仏教」は、藤田一照氏、魚川祐司氏の対談本です。

 

 

藤田氏は、禅宗(曹洞宗)のお坊さんで、長い間アメリカで坐禅を指導されてきた方です。

 


魚川氏は、東大大学院で仏教学を学んだのち、ミャンマーやタイにて現地の仏教の教理・実践を学ばれてきた方です。

 

 

仏教の分野では、お二人とも日本を代表する著述家です。

 

 

今回の対談本で、

悟りは、中学生でも開けるの?

という面白い話がされていたので、ご紹介します。

 

 

 

藤田氏が、森田真生氏とお寺でトークイベントをしたときのことを話します。

森田氏は、数学をテーマとした著作で知られる研究者の方です。

 

 

お坊さんたちは悟りを最終のゴールみたいに思っているようですけど、そうではなくて、悟りの基礎の基礎ぐらいは義務教育レベルでみんなのものになっていなくては、仏教の事業としては失敗なんじゃないですか。悟った後の長い人生をどう生きるかということを、もっと言わなくてはいけないのではないですか

 

と、イベントでの森田氏の発言を紹介します。

 

 

そして、藤田氏はこの発言に深くうなずいた上で、

 

悟りというのはどんどん深まっていくものですから、最初にハッと気づいたからといって、それで終わりというわけではない。でも、その最初のglimpse(一瞥)というか、基本的な証知というのは、本当に子供でもできることです

 

 

と付け加えています。

 

 

ようするに、

 

 

悟りっていっても、そのさわりの部分くらいだったら、中学生でもできるんじゃないの!

 

 

ってことです。

 

 

お坊さんが、それを認めてしまったわけですw

 

 

 

「悟り」をやたら神聖視すべきではない

f:id:pao-elephant:20181212080329j:plain

藤田氏の指摘に対し、魚川氏は、

 

 

「悟り」をやたらと複雑で困難なものとして理解して、あたかも「実現不可能」なものであるかのように、「神殿」に祭り上げてしまうようなことはすべきでない、という点に関しては、私も森田さんの言われることに全く賛成です

 

 

としています。

 

 

さらに、

 

 

さらに悪いことは、そのように「悟り」が現実的には達成不可能なものとして「神殿」に祭り上げられ、「ブラックボックス」化されることによって、それが実質ではなくて、外形的な量の基準で判断されがちになることです。

 

つまり、「悟り」は複雑で達成困難なものであり、それに関する明確な概念規定は何もないが、それでも仏教者はそれに関心を持たざるを得ないということになると、人々は少しでも信頼できる「ソース」を求めて、わかりやすく「厳しい」修行を量的に重ねた人に頼ることになる。

 

「悟り」に関する明晰な語りが不可能とされ、それが「ブラックボックス」化されているからこそ、むしろ人々はわかりやすい外形的な量の基準に頼ってしまうという、逆説が起こるわけです。

 

 

と述べています。

 

 

ちょっと難しい言い方がされていますが、

 

 

ざっくり言うと、

 


悟りってなんかすごいものらしいよね

→でも実際よくわからないよね

→じゃあ厳しい修行をするしかないよね

 


みたいになりがちだということです。

 

 

結局、悟りの中身が、よくわからないままになってしまうのです。

 

 

仏教は難しくなりすぎている

f:id:pao-elephant:20181212080620j:plain


このやりとり、とても興味深いです。

 

 

仏教は、長い伝統があるので、その教えも難しくなりすぎているのですね。

 

 

仏教の世界は、ちょっと奇妙です。

 

 

これも対談で触れられていたことですが、

 

 

お坊さんが、

坐禅をしても何の役にも立たないよ。まだ家で昼寝してた方がましだよ」とか、

 

 

長い間修行を積んできたはずのお坊さんが、

「私なんかまだまだ悟りには程遠いよ。まだまだペーペーだよ」

 

 

とかいうことを、平気で言っているってことです。

 

 

えっっ!?ってなりますよね。

 

 

坐禅や瞑想を、筋トレに例えてみましょう。

 

 

ジムのトレーナーやダイエット講師が、

 

 

筋トレなんてしても何も意味ないよ」とか、

トレーナーのオレ自身、実は筋トレについて何もわかってないよ

 

 

って言っているようなものです。

 

 

おかしいですよねw

 


仏教や瞑想も、ひとつのエクササイズであるわけですから、その目標は、それなりに手の届く範囲に設定すべきです。

 

 

魚川氏も指摘していますが、

 

 

本当に悟りが実現不可能なものだったら、2500年の歴史の中で、仏教はとっくに消えてなくなっているはずですよね。

 

 

マインドフルネスはもっとシンプル

f:id:pao-elephant:20181212081401j:plain

でも、仏教は、無用なものではなかったわけです。

 

 

仏教は、宗教のかたちを取っていますから、いろいろな儀礼や呪術とセットになっています。

 

 

でもその中に、現代人にとっても有用なメソッドがあったのですね。

 

 

アメリカ人が、そのメソッドを取り出してきて、マインドフルネスと名づけて世に出したわけです。

 

 

このメソッドは、とても簡単で、シンプルです。

 

 

マインドフルネスは、「いまここ」に注意を向ける練習です。

 

 

入門編くらいだったら、それこそ中学生でもできることですよ。

 

 

森田さんの言っていることは、的を射ていると思います。

 

 

「悟り」というから、大げさなものに感じているだけです。

 


マインドフルネスは、ひとつのエクササイズです。

 

 

筋トレやダイエットと同じです。

 

 

毎日実践して、積み重ねていけば、それなりに効果を感じられるものです。

 

むすび

もしかしたら、仏教の世界では、このような考え方は嫌われるかもしれません。

 

 

「瞑想や坐禅を、筋トレとかダイエットとか、そんな世俗のものと一緒にするな!」と怒られるかもしれません。

 

 

「悟りはもっと神聖なもので、凡夫(凡人)には簡単に理解できるものではない!」というかもしれません。

 

 

でも、途方もなく遠い目標に向かって、よくわからないまま厳しい修行をしょうがないですよね。

 

 

現代人は、もっと目の前の問題で悩んでいます。

 

 

対人関係とか、自己肯定感が持てなかったり、うつ病とか発達障害とか、そういうメンタルの問題で悩んでいるのですよね。

 

 

マインドフルネスは、そういうメンタルの問題に、立ち向かおうとしています。

 

 

実際に、ビジネスや精神医療の現場で、応用されようとしています。

 

 

その効果は、脳科学の観点からも明らかになりつつあります。

 

 

悟り、いや、マインドフルネスは、中学生からでも始められます

 

 

この現代日本で、マインドフルネスが潜在的にもつ可能性が、もっともっといかんなく発揮されることを願うばかりです。

 

 

 

感じて、ゆるす仏教 (角川学芸出版単行本)

感じて、ゆるす仏教 (角川学芸出版単行本)

 

 

 

PAO