瞑想Hack

32歳で国家公務員をやめて自由になったパオが、”瞑想ライフハック”を実践するブログ

高松のへそ、瓦町の魅力

【スポンサーリンク】

f:id:pao-elephant:20181213074251p:plain

今日は、私PAOが住むまち、香川県高松市の中心地「瓦町」の魅力を紹介します。

 

 

 

 

瓦町とは

瓦町(かわらまち)とは、高松市の中心地一帯を指すエリアの名前です。

 

 

高松市内には、ローカル私鉄のことでん(高松琴平電気鉄道)が3路線走っています。

 

 

その3路線が集まる場所が、瓦町駅

 

 

高松で唯一のターミナル駅と言ってもいいかもしれません。

 

 

瓦町駅周辺には、四国でも最大規模の商店街が広がっています。

 


丸亀町商店街、兵庫町商店街、片原町商店街、ライオン通商店街、南新町商店街など、いくつもの商店街が集まり、巨大な商店街群を形成しています。

 

 

アーケードの総延長は2.7km
その規模は、日本一だとの声もあります。正確にはわかりませんがw

 

 

商店街の様子

f:id:pao-elephant:20181213082521j:plain

 

一番目を引くのがここ、丸亀町商店街の入り口付近ですね。

 

 

丸亀といっても、おとなりの丸亀市ではないですよ。
高松市内にも、丸亀という地名があるのです。

 

 

f:id:pao-elephant:20181213083423j:plain

 

平日だったので、ちょっと人は少ないですが。

 

 

雰囲気は都会的、いまどきのショッピングモールのようです。

 

 

高級店、全国ブランドや、おしゃれな輸入食品の店などが並んでいます。

 

 

歴史ある商店街にはありがちな複雑な権利関係をクリアし、再開発を進めることができた、全国でも珍しい例なのだそうです。

 

 

地方にいることを忘れるくらいですね。

 

 

でも、ちょっと歩くと、やっぱり地方だなと思います。
それも、良い意味で!

 

f:id:pao-elephant:20181213084046j:plain

 

野菜のローカル直売所ですね。とにかく安い!

 

 

ネギ1束20円ですよ!

 

f:id:pao-elephant:20181213084223j:plain

 

オクラ、ピーマン、しいたけが1袋59円! 

 

 

多少、賞味期限ギリギリ感はありますけど、それでも安い。。

 

 

地方の人にとっては珍しくないかもしれないですけど、
東京育ちの私にとっては衝撃でした。。

 

 

地元の野菜が、安くじゃんじゃん流通しているあたり、地方の豊かさを感じます。

 

 

あと、香川県といえばやはりうどん屋さん。

 

 

f:id:pao-elephant:20181213084440j:plain

 

f:id:pao-elephant:20181213084832j:plain


さすがですね。ちょっと商店街を歩くだけで、うどん屋を何件も目にします。

 

 

f:id:pao-elephant:20181213085103j:plain

f:id:pao-elephant:20181213090940j:plain

 

肉ぶっかけ(大)です!

 

 

さぬきうどんは、いわずと知れた県民のソウルフードです。

 

 

キャリアウーマンもランチにうどんです。

 

 

500円もあれば、じゅうぶんお腹いっぱいになります。

 

f:id:pao-elephant:20181213085141j:plain

 

このお店、名前が「女道場」って面白いですね。

 

 

見たところ、ふつうのうどん屋さんですが(?)

 

 

さすが香川県、お店の名前も個性的です。

 

 

瓦町フラッグの本屋さん

f:id:pao-elephant:20181213085303j:plain

 

これは、瓦町駅の駅ビルで、瓦町フラッグといいます。

 

 

2015年にリニューアルオープンしています。

 


10フロアある、なかなか大きな駅ビルです。

 

 

BEAMS や nano universe といったセレクトショップがたくさん入っています。

 

 

私のお気に入りは、7階にあるジュンク堂書店

 

f:id:pao-elephant:20181213085751j:plain

 

東京の大型書店に慣れ親しんだ私から見ても、豊富すぎる品揃え

 

 

売り場面積1100坪、在庫100万冊だそうです。

 

 

これって、実はすごい規模です。

 

 

ちなみに、東京の三省堂書店神保町本店は、
売り場面積1000坪、在庫140万冊だそうです。

 

 

高松のジュンク堂、全く見劣りしてませんw

 

f:id:pao-elephant:20181213090059j:plain

f:id:pao-elephant:20181213090012j:plain


こんなマニアックな学術書ですら、この品揃えですからね。

 

 

しかも、東京の大型書店と比べて、休日でもそこまで混んでいないのが、ユーザーにとってはありがたいです。

 

 

f:id:pao-elephant:20181213090201j:plain

 

キッズコーナーもあり、子連れでも楽しめます。

 

 

東京だと、こういうところに人が溢れていて、なかなかゆっくり過ごせないですよね。

 

 

f:id:pao-elephant:20181213090249j:plain

MJ BOOK CAFE というカフェも併設。

 

 

ゆっくり過ごせました。

 

おわりに

瓦町は、まさに高松のへそ

 

 

車やことでんを使えば、高松の郊外から、20分もあれば瓦町に出てこれます

 

 

高松はコンパクトシティなので、どこに行くにも、移動に時間がかからなくて良いです。

 

 

これも、東京にはない良さだったりします。

 

 

都会の良さと、地方の良さ、両方をあわせもつ高松

 

 

その魅力、まだまだお伝えしていきたいと思います。

 

 

※写真は全て私PAOの撮影です。

 

PAO