瞑想Hack

瞑想を始めたい・続けたい人のための瞑想ライフハック・ブログです。瞑想に取り組む上で知っておきたいことを、脳科学や仏教の視点も交え、わかりやすく解説しています。

パオの略歴

・1985年東京生まれの33歳
・一橋大学社会学部卒、イギリス・ブリストル大学留学
・26〜32歳まで国家公務員
・家族は妻と子供2人
・現在は、瀬戸内海・小豆島で田舎暮らし

 

 

国家公務員をやめるという決断

・32歳まで、国の中枢で国会議員をサポートする仕事に従事
・しかし、激務によるストレスで抑うつ状態に
・さらに妻も、年子の子育てによるストレスで抑うつ状態に
・このままでは家庭がもたないと感じ、退職を決意
・心身ともに健康的なライフスタイルを求めて、瀬戸内海・小豆島に移住

 

 

現在の生活は?

・小豆島で主夫業をしながら、ブロガーとして活動中
・ブログPVは、月1万超
・妻は介護の仕事に従事

 

 

瞑想との出会い

・仕事、人間関係、子育てのストレスで悩んでいた頃、瞑想がストレス低減に効果があることを知る
・32歳のとき、東京マインドフルネスセンターではじめて瞑想の指導を受け、自分には瞑想やマインドフルネスが必要だとの確信を得る
・以降、毎日の瞑想が習慣化

 

 

瞑想歴

・瞑想歴は1年強
・毎日、20〜30分の瞑想を実践中

 

 

これまで指導を受けた機関、指導者

・東京マインドフルネスセンター(医療法人経営のマインドフルネス・スタジオ)
・S.N.ゴエンカ師のヴィパッサナー瞑想合宿10日間コース(京都ダンマバーヌ)
・スマナサーラ長老、ヤサ長老(日本テーラワーダ仏教協会)
・プラユキ・ナラテボー師
・マインドフルネスストレス低減法(MBSR)8週間プログラム受講中

 

 

これまで参考にした本、特に影響を受けた本など 

・「マインドフルネス・ストレス低減法」ジョン・カバットジン
・「実践!マインドフルネス」熊野宏昭
・「マインドフルネスー基礎と実践ー」貝谷久宣、熊野宏昭、越川房子
・「マインドフルネスのすべてー「今この瞬間」への気づき」Susan L. Smalley、Diana Winston
・「サーチ・インサイド・ユアセルフ」チャディー・メン・タン
・「世界のエリートがやっている最高の休息法」久賀谷亮
・「呼吸による癒し」ラリー・ローゼンバーグ
・「自分を変える気づきの瞑想法」スマナサーラ長老
・「なぜ今、仏教なのか」ロバート・ライト
・「悟らなくたって、いいじゃないか」プラユキ・ナラテボー、魚川祐司
・「仏教思想のゼロポイント」魚川祐司
・「自由への旅」ウ・ジョーティカ

 

 

瞑想に対するスタンス

・科学的根拠を重視
・心理学、脳科学、精神医学などの知見を重視
・エビデンスに欠ける一部の宗教やスピリチュアルとは距離をとる
・ただ、瞑想を長期的に実践する上で、その元になった仏教の文脈を知ることが必要だと感じ、特にテーラワーダ仏教(上座部仏教)については掘り下げて勉強中

 

 

※パオは私のハンドルネームです。「パオ森林僧院」とは直接関係ありません